雛人形の種類と選び方|木目込み人形の真多呂人形

リニューアルに伴うご登録済の会員情報の移行について

2018年12月14日、真多呂人形公式ネットショップはリニューアルを実施させていただきました。それに伴い、2018年12月14日以前に会員登録いただいておりましたお客様には、改めて会員の再登録を行っていただく必要がございます。ご面倒をお掛けしまして誠に申し訳ございませんが、何卒宜しくお願い申し上げます。

雛人形TOP > コラム > 雛人形の種類と選び方

雛人形の種類と選び方

雛人形のいわれ


雛人形は平安時代に流しびなと言って、人型の紙に災いや厄を移して川や海に流したことが始まりとされています。江戸時代中期に女の子の厄除けとして、3月3日の桃の節句に壇に雛人形を飾る現在の形式になったとみられています。紙雛から布製のすわり雛になり、高貴な夫婦を表した内裏雛になり、雛壇に三人官女・五人囃子・随身などの人形やタンス・長持ちなどの調度品などとともに飾られるようになりました。

身代わりに人形がなってくれて、わが子が災いなく幸せになりますようにと祈ってお飾りをするもので、子供の成長と幸せを毎年願い、一緒に飾ることで親子で語らう機会を持つことができます。子供は家族からの愛情を感じられ情操教育にもなるのです。小さい時から美しい物を見ることで美的感性が豊かになるとも言われ、季節の習わしや大切な物を扱う作法も学ぶことができます。

お雛様は一生の宝とも言われますが、これは昔は思い出の詰まったお雛様を結婚した時に持っていき、里の両親に見立てて小さい頃からの教えを思い出したり、今の苦労をねぎらってもらう存在になっていたようです。そのためにお雛様は女性にとって一生の宝と言われるようになり、お嫁に行くときにも持っていく場合が多く見られました。

昔から祖母・母・娘とそれぞれのお雛様を一生の宝として並べて飾るという風習があり、ひとり一飾りとされています。女のお子様が数人いる場合は、小さなタイプを次女や三女に購入する場合が多いです。

お雛様は成長と幸せを願うお祝いの物で厄を身代わりに受ける物とされるので、一度厄を背負ったお雛様は共有しないという考えです。

雛人形の種類


雛人形は仕立てた着物を着せつけて作る衣装着人形と型の溝に沿って布を貼り込んだ木目込人形があります。そして京都で作られるものを京雛、関東で作られるものを関東雛といいます。お内裏様の位置が京雛は向かって右、関東雛は向かって左になっています。日本古くから左側、つまり向かって右が格が高いとされているので京雛は慣わしに従っています。関東雛は明治時代に西洋の流れを受けて右が上位の考え方が取り入れられ、大正天皇がご即位式で西洋式に皇后陛下の右側に立たれたことから、これが定番となり全国的に主流となりました。

また、人形の顔にも違いがあり京雛は目はやや細めでおっとりした優しい顔立ちです。関東雛は目鼻立ちがはっきりしたキレイな顔立ちです。

飾り方の種類は、三通りにわかれます。一つ目は、お内裏様とお雛様の男女一対の人形を飾った親王飾りです。親王飾りは、一対の人形と金屏風や桃と橘の花飾り・菱餅などを一緒に飾るものが多く見られます。オーソドックスな大きめの人形からコンパクトな小さいものもあります。二つ目は、お内裏様とお雛様の他に三人官女や五人囃子など全部で15人の人形を並べる七段飾りです。七段飾りは、十五人飾りとも呼ばれます。七段の階段状の棚に15人の人形と雛道具などと呼ばれる家具のような小物などを並べます。豪華で華やかな飾りです。まれに五段飾りの十五人飾りもあります。三つ目は、お内裏様とお雛様・三人官女を飾った五人飾りです。二段や三段の階段状の台に飾ります。

現代の雛人形とひなまつり


雛人形は、親が購入する場合もありますが母方の祖父母が購入するという習わしが昔からあり、孫のために大きな立派なものを購入することが多かったため七段飾りが人気でした。現在も母方の祖父母が購入しプレゼントする場合が多いですが、マンションに住む方が増えたことや飾り付けや片付けに手間がかかることから最近はコンパクトなものやモダンなデザインのものが人気です。

収納箱付きの雛人形やショーケースに入っておりそのまま飾ることができるものもあります。ショーケースに入ったコンパクトなタイプは、人形はお内裏様とお雛様のみの場合が多いですが人形一体一体の大きさを小さくして作られた十五人飾りもあります。そのまま飾ることができ保管することができるので、手間がなく人形の汚れや傷みも軽減できます。

収納箱付きのものは、収納箱が飾り棚の役目も果たすよう作られているものが多くデザイン性が優れています。模様が彫られたものや、花が描かれたものなどがあり雛人形の美しさを引き立てます。通常は紙製の箱にしまうものが多いですが、収納箱兼飾り棚となっているものは木製が多いので丈夫で一生ものの雛人形にはぴったりです。

また、飾り棚やショーケースの淵などがダークブラウンなど落ち着いた色合いで洋風に近いもので作られているものもあり、洋風の住宅にも飾りやすくなっているものもあります。

地域にもよりますが3月3日にひなまつりのお祝いをします。初めてのひなまつりを初節句と言い、親戚などが集まり盛大にお祝いをします。ひなまつりのお祝いには昔から雛あられやちらし寿司が多いですが、現在はそれらと一緒にひなまつりケーキを食べることが多くなっています。



雛人形特集はこちら

次の記事へ

雛人形スクール
お客様の声
真多呂人形会館ショールームご優待クーポン券
公式ネットショップ特典
ネット会員登録・ログイン

商品一覧

雛人形

五月人形

浮世人形

人形キット

ご利用案内

各種サービス・保証

お買い物について

コンテンツ

真多呂人形について

木目込み人形について

鎧兜について

人形を知る・楽しむ

その他

インフォメーション

メールマガジン
人形キットの作り方
真多呂人形 フォトギャラリー
雛人形
五月人形
浮世人形
スマートフォンサイト
適正表示宣言店
節句人形アドバイザー
初音ミク雛
閉じる

商品一覧

雛人形

五月人形

浮世人形

人形キット

ご利用案内

各種サービス・保証

お買い物について

コンテンツ

真多呂人形について

木目込み人形について

鎧兜について

人形を知る・楽しむ

その他

インフォメーション

木目込み人形の真多呂人形|プライバシーポリシー

202.254.238.202