真多呂人形TOP > 人形豆知識TOP > 木目込み人形豆知識 | 人形の保管方法

木目込み人形豆知識 | 人形の保管方法

木目込み人形豆知識

型崩れなく、いつまでも美しい木目込み人形ですが、正しい保管の知識があれば、さらにいつまでも美しさを保つことができます。飾る時もしまう時も、愛情を持って、やさしくケアしてあげましょう。

(1)湿気から守る

人形にとって第一の大敵は、何といっても湿気です。日本は湿気の多い国でもあり、特に梅雨時には家中がじめじめして、湿度の高い季節になります。人形は極端に湿気を嫌うので、人形をしまう場合には最も気をつけなければなりません。

その湿気をさける方法として、まずしまう場所を選ぶことです。家の中でも棚や押し入れの一番高い所に置いて下さい。

人形を入れておく箱も出来るだけ湿気を通さないような箱がよいのですが、なかなかそのような箱も手近かにないので、箱の中を工夫しましょう。最近ではビニール袋などはどの家庭にもありますのでこれを利用するとよいでしょう。

手や顔の部分を柔らかな紙に入れてしっかりと結んでおけばほぼ完全で、さらに心配な場合には箱の中にクッションとして紙を入れておくとよいでしょう。

(2)虫から守る

人形をビニール袋に入れれば、人形自体はほとんど心配ありませんが、小道具などがある場合には箱に虫が入ることがありますので、防虫剤を入れておいたほうがいいでしょう。

ただし、最近では人形の手や部分にプラスティックなど化学合成品が用いられていることが多いので、防虫剤から出るガスによって化学変化をおこし融けたり、変形することもあります。

防虫剤を利用するときには、人形や付属品に直接あたらないように、防虫剤を紙などにつつんで箱の隅の方に入れておくとよいでしょう。

(3)ほこりから守る

人形をある期間飾って置くと、ガラスケースに入れてあっても、目に見えない相当のほこりが髪や着物についているものです。そのまましまっておくと、衣裳が早くいたむ結果になります。

しまうときには急いで箱にいれてしまいがちですが、しまうときは、天気の良い日に羽根ばたきなどで丹念にほこりをはらい、さらに細かい部分はきれいな筆などでていねいにほこりをはらい落として下さい。

(4)さらに理想的なのは…

一年に一度湿気の少ない時期に箱から出して陰干しをすることです。長い間、箱に入れておくと髪型にくせがついてしまうのでチェックをする意味でも良いことなのです。

木目込み人形は、特に型くずれもしないので手入れを良く保存をすれば、ほとんど作ったときの状態で何年でもその美しさ、可愛らしさを保つことができます。

美しい人形がいつまでもその美しい姿をとどめるように保存に十分気を配りたいものです。

商品検索

AND検索 OR検索

詳細検索
商品一覧
五月人形一覧
武者人形
オプション
雛人形一覧
古今親王
本金親王
古今段飾り
古今本金立雛
古今浮世人形一覧
伝統芸能人形
平安朝人形
浮世人形
お祝いの人形
わらべ人形
人形キット一覧
雛人形キット
五月人形キット
干支・季節の人形キット
能・歌舞伎・舞踊人形キット
平安朝人形キット
娘人形キット
趣味の人形キット
お道具
各種サービス・保証
100%満足保証
ご優待クーポン券
無料カタログ請求
人形引取供養割引
鎧兜家紋サービス
各種お問い合わせ
よくあるご質問
お問い合わせ
インフォメーション
お買い物ガイド
お支払い・送料
実店舗案内・割引券
その他
通信販売法表記
個人情報の取り扱い
サイトマップ
コンテンツ
真多呂人形について
真多呂人形とは
真多呂人形の特徴
木目込み人形について
木目込み人形の歴史
木目込み人形のできるまで
鎧兜について
五月人形のできるまで
甲冑師 加藤一冑伝
人形を知る・楽しむ
人形豆知識
真多呂人形ギャラリー
真多呂人形博物館
人形キット制作テクニック
その他
お客様の声
ニュースリリース
メールマガジン
コラム
マイページ

メールアドレス


パスワード


パスワードを忘れた方はこちら

新規会員登録はこちら

(社)日本人形協会認定 適正表示宣言店 (社)日本人形協会認定 節句人形アドバイザー