真多呂人形TOP > 人形豆知識TOP > 雛人形豆知識 | 雛人形をかざるとき

雛人形豆知識 | 雛人形をかざるとき

雛人形豆知識

「そう言えば、そろそろ雛人形を飾らないと…。でも、いつから出せばいいんだろう?」
「どこにどうやって飾ればいいんだろう?」

と、毎年疑問に思われる方は多いのではないでしょうか?

そこで「雛人形を飾る時期」「雛人形を飾る際の注意」をご紹介いたします!

雛人形を飾る時期

雛人形を飾る時期

雛人形の飾りつけの時期についての特別なしきたりはありません。二月初め、「立春」を過ぎた辺りを目途に飾り付け、三月半ば過ぎの晴天の日に片付けるのが一般的のようです。

日本の立春は、年によって2月3日もしくは4日だったりします。
そこで、だいたいの目安として、

「節分の翌日から雛人形を飾り始めて良い」

と覚えておくと、毎年迷わないで便利ですね。

立春とは春の初めという事ですので、この日を境に春となり、雛人形の季節も到来する訳です。春の季節感を味わい、なるべく長く雛人形を飾ってあげる為に、2月4日~2月中旬を目安に飾ると良いでしょう。

※お住まいの地域によって、旧暦で飾る場合もあります。その場合は、カレンダー等で旧暦をご確認ください。

雛人形を飾る際の注意

雛人形を飾る際の注意

飾る場所は湿気のあるところや直射日光の当たる場所は避けて下さい。人形の衣裳が変色したり、痛んだりする原因になりますので、充分に気を配って下さい。

人形を取り扱うときには、必ず手袋をして手や指の脂が人形の顔に付かないように気を付けましょう。

人形の入っていた箱やポリ袋はしまう時に必要ですので、無くさないように注意します。どこに何が入っていたのかメモしておくと、しまう時に便利です。

商品検索

AND検索 OR検索

詳細検索
商品一覧
五月人形一覧
武者人形
オプション
雛人形一覧
古今親王
本金親王
古今段飾り
古今本金立雛
古今浮世人形一覧
伝統芸能人形
平安朝人形
浮世人形
お祝いの人形
わらべ人形
人形キット一覧
雛人形キット
五月人形キット
干支・季節の人形キット
能・歌舞伎・舞踊人形キット
平安朝人形キット
娘人形キット
趣味の人形キット
お道具
各種サービス・保証
100%満足保証
ご優待クーポン券
無料カタログ請求
人形引取供養割引
鎧兜家紋サービス
各種お問い合わせ
よくあるご質問
お問い合わせ
インフォメーション
お買い物ガイド
お支払い・送料
実店舗案内・割引券
その他
通信販売法表記
個人情報の取り扱い
サイトマップ
コンテンツ
真多呂人形について
真多呂人形とは
真多呂人形の特徴
木目込み人形について
木目込み人形の歴史
木目込み人形のできるまで
鎧兜について
五月人形のできるまで
甲冑師 加藤一冑伝
人形を知る・楽しむ
人形豆知識
真多呂人形ギャラリー
真多呂人形博物館
人形キット制作テクニック
その他
お客様の声
ニュースリリース
メールマガジン
コラム
マイページ

メールアドレス


パスワード


パスワードを忘れた方はこちら

新規会員登録はこちら

(社)日本人形協会認定 適正表示宣言店 (社)日本人形協会認定 節句人形アドバイザー