真多呂人形TOP > 人形豆知識TOP > 五月人形豆知識 | 威(おどし)の種類

五月人形豆知識 | 威(おどし)の種類

五月人形豆知識

鎧兜を探していると、「~威(おどし)兜飾り」等、名前に「威」という単語が入っているものがよくあります。普段は使わない単語ですので、威と聞いてもあまりピンとこない方が多いのではないでしょうか。

ここでは、威の説明と、五月人形の鎧兜でよく見かける、代表的な威をご紹介いたします。

威(おどし)とは?

威とは、鎧兜の小札(こざね)板を、革や糸などの緒で上下に結び合わせることです。糸を用いたものは「糸威(いとおどし)」、鹿革を用いたものは「革威(かわおどし)」と呼ばれます。

威

主な威の種類

威には、当時の武将がファッションセンスを競っていたことを思わせる、実に様々な模様があります。

沢瀉威(おもだかおどし)
沢瀉威(おもだかおどし) 沢瀉(おもだか)とは、いろいろな色糸を使用し、三角形に編んだものです。オモダカという植物の葉の形に由来します。
赤皮威(あかがわおどし)
赤皮威(あかがわおどし) 糸ではなく、赤い皮を用いた威です。
緋威(ひおどし)
緋威(ひおどし) その名の通り、緋色の糸を用いた威です。赤色と比べると、緋色はただの赤でなく、黄色みがかった色をしています。
赤糸威(あかいとおどし)
赤糸威(あかいとおどし) 赤い糸を用いた威です。緋威よりも黄色味のない、「より赤色らしい色」をしています。使う色が違えば、「白糸威」「黒糸威」「紅威」など、その色の威名になります。
小桜皮威(こざくらがわおどし)
小桜皮威(こざくらがわおどし) なめした鹿革に小さな桜を一面に染めた威です。色糸を使った威に比べて、モノトーンでシックな雰囲気をしています。
裾濃威(すそごおどし)
裾濃威(むらさきすそごおどし) 上を白として、下へ行くにつれて濃い色になっていく、グラデーションを表現した威です。画像の威は、白から紫へ変化しているので、紫裾濃威(むらさきすそごおどし)と呼ばれます。

商品検索

AND検索 OR検索

詳細検索
商品一覧
五月人形一覧
武者人形
オプション
雛人形一覧
古今親王
本金親王
古今段飾り
古今本金立雛
古今浮世人形一覧
伝統芸能人形
平安朝人形
浮世人形
お祝いの人形
わらべ人形
人形キット一覧
雛人形キット
五月人形キット
干支・季節の人形キット
能・歌舞伎・舞踊人形キット
平安朝人形キット
娘人形キット
趣味の人形キット
お道具
各種サービス・保証
100%満足保証
ご優待クーポン券
無料カタログ請求
人形引取供養割引
鎧兜家紋サービス
各種お問い合わせ
よくあるご質問
お問い合わせ
インフォメーション
お買い物ガイド
お支払い・送料
実店舗案内・割引券
その他
通信販売法表記
個人情報の取り扱い
サイトマップ
コンテンツ
真多呂人形について
真多呂人形とは
真多呂人形の特徴
木目込み人形について
木目込み人形の歴史
木目込み人形のできるまで
鎧兜について
五月人形のできるまで
甲冑師 加藤一冑伝
人形を知る・楽しむ
人形豆知識
真多呂人形ギャラリー
真多呂人形博物館
人形キット制作テクニック
その他
お客様の声
ニュースリリース
メールマガジン
コラム
マイページ

メールアドレス


パスワード


パスワードを忘れた方はこちら

新規会員登録はこちら

(社)日本人形協会認定 適正表示宣言店 (社)日本人形協会認定 節句人形アドバイザー