真多呂人形TOP > 人形豆知識TOP > 五月人形豆知識 | 五月人形のお手入れと保存

五月人形豆知識 | 五月人形のお手入れと保存

五月人形豆知識

五月人形は年に一度しか飾らないものですから、保存のしかたも大切です。上手に保存して毎年の端午の節句をより長く楽しんで下さい。

お人形の顔にさわらずに

手や指には脂がついていますから、お人形の顔に直接手を触れずに、やわらかい筆などでホコリを取り除きます。金物も脂が残らないように乾いた布でよくふくことが大切です。

防虫剤は気をつけて

汚れやホコリを取ったらやわらかい布や紙で鎧・兜や人形を軽くつつみ、ポリ袋に入れます。

この時注意が必要なのは防虫剤です。
ショーノーやナフタリンなどの化学薬品を入れすぎると金具のメッキが浮いてしまうことがあります。

どうしても虫が心配な時は防虫剤を紙に包んで、直接鎧・兜や人形にふれないようにして包むようにしてください。

商品検索

AND検索 OR検索

詳細検索
商品一覧
五月人形一覧
武者人形
オプション
雛人形一覧
古今親王
本金親王
古今段飾り
古今本金立雛
古今浮世人形一覧
伝統芸能人形
平安朝人形
浮世人形
お祝いの人形
わらべ人形
人形キット一覧
雛人形キット
五月人形キット
干支・季節の人形キット
能・歌舞伎・舞踊人形キット
平安朝人形キット
娘人形キット
趣味の人形キット
お道具
各種サービス・保証
100%満足保証
ご優待クーポン券
無料カタログ請求
人形引取供養割引
鎧兜家紋サービス
各種お問い合わせ
よくあるご質問
お問い合わせ
インフォメーション
お買い物ガイド
お支払い・送料
実店舗案内・割引券
その他
通信販売法表記
個人情報の取り扱い
サイトマップ
コンテンツ
真多呂人形について
真多呂人形とは
真多呂人形の特徴
木目込み人形について
木目込み人形の歴史
木目込み人形のできるまで
鎧兜について
五月人形のできるまで
甲冑師 加藤一冑伝
人形を知る・楽しむ
人形豆知識
真多呂人形ギャラリー
真多呂人形博物館
人形キット制作テクニック
その他
お客様の声
ニュースリリース
メールマガジン
コラム
マイページ

メールアドレス


パスワード


パスワードを忘れた方はこちら

新規会員登録はこちら

(社)日本人形協会認定 適正表示宣言店 (社)日本人形協会認定 節句人形アドバイザー