真多呂人形TOP > 木目込み人形のできるまで

木目込み人形のできるまで

木目込み人形ができるまで

伝統を現代に伝える真多呂人形

伝統を現代に伝える真多呂人形

技を継ぎ、磨き上げられた伝統技法を現代に伝える、真多呂の木目込み人形。

数々の工程を重ね、職人の丹精こもる技から生まれる雅やかな逸品は、伝統工芸品として指定され、高い評価を得ています。

衣裳・桐塑等の素材や、塗り加工の回数まですべて伝統技法に忠実です。

また、人形のボディには天然の桐素材を使用し、海外製の素材やウレタン等の科学素材は、一切使用しておりません。

木目込み人形の伝統技法

原型作り

人形の原型は粘土で作ります。原型を木わくの中に入れ、樹脂などを流し込んで人形の型を取ります。この型を「かま」といい、「かま」は原型の前半分と後半分の二つを作ります。

かま詰め

桐粉にしょうふのりを混ぜて作った桐塑を釜の中に詰めてボディを作ります。前後の釜に桐塑を詰め終えたら、前後を合わせて一体にします。


ぬき

押さえつけた釜を上から軽くたたくと、上半分の釜が外れます。下の釜からボディを取り出す前に、はみ出した部分を竹べらで取り除いた後、下の釜を横にしてボディを取り出します。

木地ごしらえ

よく乾燥した後、ボディに生じる凹凸やひび割れは、竹べらを使って桐塑で補正したり、やすりできれいに補修したりして、完全なボディに仕上げます。


胡粉塗り

胡粉(貝殻を焼いて作った白色の顔料)をにかわで溶かしてボディに塗ります。ボディの木地を引きしめ崩れやすさを防ぐとともに、筋を彫りやすくするための作業です。

筋彫り

胡粉が乾いたら、布を木目込んでいくための溝作り(筋彫り)をします。仕上がりのよしあしに影響する作業のため、彫刻刀を使いていねいに彫ります。


木目込み

溝に糊を入れ、型紙にあわせて切った布地を目打ちや木目込みべらを使って、しっかりと木目込みます。

面相書き

面相とは、人形の顔形のことで、この顔形を書くことを面相書きといい、人形のよしあしを決める大事な作業です。


仕上げ

ボディに頭や手を取り付け、髪の毛をブラシで整え、全体をよくながめて不できな部分はないかを調べて仕上げます。


動画で見る 真多呂人形ができるまで

真多呂人形の雛人形についてや、人形作りの工程を、動画でご覧いただけます。

【木目込み人形について】 木目込み人形の歴史 | 木目込み人形のできるまで

商品検索

AND検索 OR検索

詳細検索
商品一覧
五月人形一覧
武者人形
オプション
雛人形一覧
古今親王
本金親王
古今段飾り
古今本金立雛
古今浮世人形一覧
伝統芸能人形
平安朝人形
浮世人形
お祝いの人形
わらべ人形
人形キット一覧
雛人形キット
五月人形キット
干支・季節の人形キット
能・歌舞伎・舞踊人形キット
平安朝人形キット
娘人形キット
趣味の人形キット
お道具
各種サービス・保証
100%満足保証
ご優待クーポン券
無料カタログ請求
人形引取供養割引
鎧兜家紋サービス
各種お問い合わせ
よくあるご質問
お問い合わせ
インフォメーション
お買い物ガイド
お支払い・送料
実店舗案内・割引券
その他
通信販売法表記
個人情報の取り扱い
サイトマップ
コンテンツ
真多呂人形について
真多呂人形とは
真多呂人形の特徴
木目込み人形について
木目込み人形の歴史
木目込み人形のできるまで
鎧兜について
五月人形のできるまで
甲冑師 加藤一冑伝
人形を知る・楽しむ
人形豆知識
真多呂人形ギャラリー
真多呂人形博物館
人形キット制作テクニック
その他
お客様の声
ニュースリリース
メールマガジン
コラム
マイページ

メールアドレス


パスワード


パスワードを忘れた方はこちら

新規会員登録はこちら

(社)日本人形協会認定 適正表示宣言店 (社)日本人形協会認定 節句人形アドバイザー