甲冑師 加藤一冑伝|木目込み人形の真多呂人形

リニューアルに伴うご登録済の会員情報の移行について

2018年12月14日、真多呂人形公式ネットショップはリニューアルを実施させていただきました。それに伴い、2018年12月14日以前に会員登録いただいておりましたお客様には、改めて会員の再登録を行っていただく必要がございます。ご面倒をお掛けしまして誠に申し訳ございませんが、何卒宜しくお願い申し上げます。

甲冑師 加藤一冑伝

甲冑師 加藤一冑伝

作者紹介 甲冑師 二代目 加藤一冑

甲冑師 加藤一冑

昭和八年東京北区生まれ。
国宝や文化財に指定されている武具甲冑の模写修理に功績を残した初代名人一冑を父に、また名匠とうたわれる加藤秀山を叔父に、幼少から甲冑造りを学ぶ。

初代名人・一冑の教えを受け、端午の節句飾り・鎧兜飾り・鎧兜製造のかたわら実物の甲冑の修理・新作に携わり、社寺や美術館などの仕事を行う。

時代考証に裏付けされた「本物」を作り続ける。
現在、忠実な時代考証を元に実物と同じ鎧・兜を再現できる日本唯一の名工。

【現在】
東京都伝統工芸士
東京都雛人形工業協同組合江戸甲冑伝産協力会役員
社団法人日本甲冑武具研究保存会指定甲冑師
平成21年度「東京都名誉都民」受章

加藤一冑修 代表作一例

挂甲(けいこう)の鎧二十両
天皇即位の際、天皇の脇に並ぶ「挂甲(けいこう)の鎧二十両」を製作。

御獄神社蔵「国宝・赤糸大鎧」の複製模造品
江戸東京博物館から依頼を受け、御獄神社蔵「国宝・赤糸大鎧」の複製模造品を製作。その費用は何と数千万。現在も江戸東京博物館に展示されている。

日光東照宮「千人武者行列」
日光東照宮「千人武者行列」の甲冑修理を手がける。

国宝・重要文化財の修復・復元
その他、国宝・重要文化財の修理や復元模造品等の制作を多く手がける。

伝統的工芸品

経済産業大臣指定 伝統的工芸品の技

小さいながらも本物と同じ工程で作られる江戸甲冑は、東京都知事指定伝統工芸品に指定されています。
加藤一冑は、その伝統工芸士の一人であり、今や全国で十人程しか残っていない甲冑師です。
東京都功労者賞の表彰、節句人形コンクールで都知事賞など、数々の賞を受賞する加藤一冑・本物の技。工芸品としての美しさを合わせもった加藤一冑の兜飾りで、お子様の初節句をお祝い下さい。

伝統的工芸品とは?

加藤一冑インタビュー

「本物」の鎧兜に触れ、「本物」を探求し続ける

甲冑師 加藤一冑

「技術的に完成したものは好きじゃないんです」
と加藤一冑は語る。

「金閣銀閣の足利時代のような文化が極まった時代のはねー、もうこっちの技術じゃ及ばないって感じで。それより平安時代がいい。兵器の特色を持って、かつ工芸的なもの。兵器としての機能的な美しさ、それが魅力的なんです」

国宝、重要文化財の修理や復元模造品などの制作に多く携わり、天皇即位に際しては、天皇のわきに並ぶ挂甲(けいこう)の鎧二十両も作った一冑は、「ホンモノ」の戦着としての鎧の機能性を好む。

一方で「復元には時代考証能力が大切」という持論の通り、今でも珍しい鎧があると聞けば全国を飛び回る。

「かぶとの模様ひとつでも時代時代でまったく違う。その時代の工具で彫りの具合が違うんです。だから取材が必要です」

勤勉な技術力と天性の勘が光る鎧兜

甲冑師 加藤一冑

加藤一冑は昭和八年、初代・加藤一冑の長男として東京に生まれた。戦後まもなく、中学生だった一冑は父の仕事場に入り、この道をまい進してきた。

「物が何もないところから、親の技術だけを受け継ぎ、全部手作りで始めたのです。それが今の技術の土台になっているのですから、結果的にはそれが良かったのでしょう」

甲冑に使用する金具も総て自分で作成するという、その勤勉な技術力と、もって生まれたセンスが作品に光る。

「一番難しいのは全体の形を出すところですね。部分にこだわって、部分部分を正確に作っても、全体のバランスが悪くなると印象が悪くなってしまいます、この全体を見る力は、教わってもなかなか身につくものではありません。天性の勘のようなものが必要となってきますね」

昔は色や形が派手な兜でも売れるような時代があったが、最近の客はしっかりとした時代考証に裏付けされた本物を見抜く力がある。一冑のもとには簡単に模造品といっても、完成まで二年もかかる注文が舞い込んでくる。値段も二千万から三千万もする豪華版で、学校や博物館などからの発注が多い。

当時の技法を凝縮した一冑の鎧兜作品

甲冑師 加藤一冑

「歴史あるものは見る度に発見がある、作り手の苦労から、着心地、戦いの時の機能性はどうだったかも想像し、感じ取ることが出来るんです」

そう語る一冑の夢は、時代を代表するような鎧を手がけること。

当時の技法をそのまま凝縮したような一冑の作品を目の当たりにすると、その目標がかなえられるのは時間の問題だという気がする。

関連コンテンツ

真多呂人形とは
真多呂人形のこだわりと特徴
木目込み人形の歴史
木目込み人形のできるまで
五月人形のできるまで
人形豆知識
雛人形スクール
お客様の声
真多呂人形会館ショールームご優待クーポン券
公式ネットショップ特典
ネット会員登録・ログイン

商品一覧

雛人形

五月人形

浮世人形

人形キット

ご利用案内

各種サービス・保証

お買い物について

コンテンツ

真多呂人形について

木目込み人形について

鎧兜について

人形を知る・楽しむ

その他

インフォメーション

メールマガジン
人形キットの作り方
真多呂人形 フォトギャラリー
雛人形
五月人形
浮世人形
スマートフォンサイト
適正表示宣言店
節句人形アドバイザー
初音ミク雛
閉じる

商品一覧

雛人形

五月人形

浮世人形

人形キット

ご利用案内

各種サービス・保証

お買い物について

コンテンツ

真多呂人形について

木目込み人形について

鎧兜について

人形を知る・楽しむ

その他

インフォメーション