人形豆知識 | 雛人形を子供に引き継いでも大丈夫?|木目込み人形の真多呂人形

リニューアルに伴うご登録済の会員情報の移行について

2018年12月14日、真多呂人形公式ネットショップはリニューアルを実施させていただきました。それに伴い、2018年12月14日以前に会員登録いただいておりましたお客様には、改めて会員の再登録を行っていただく必要がございます。ご面倒をお掛けしまして誠に申し訳ございませんが、何卒宜しくお願い申し上げます。

人形豆知識 | 雛人形を子供に引き継いでも大丈夫?

雛人形豆知識

ここでは、よくあるご質問「自分(母親)の雛人形を、子供に引き継いでも大丈夫?」について、お答えします。

雛人形は身代わりのお守り

雛人形は、お子様に振りかかる災いの身代わりとなり、健やかに成長できるよう守ってくれるお守りと言われています。
神社のお守り等をお子様に譲らないのと同じ考え方で、お母様のお雛様は、お母様が成人された時に立派に役目を果たしたと考えられています。

それは売る側の言い分だろうとおっしゃるお客様もいらっしゃるのですが、一応このお話は、昔からの雛人形の縁起由来や意味ということで、させていただいております。

引き継ぐなら…

最近は、昔と違いお人形の作りも良くなり、特に木目込み人形は型崩れも無いので、お母様の雛人形をお嬢様に、と言う方も多くいらっしゃいます。
傷んだ屏風やぼんぼり、お花などだけ買い替えられるお客様も多数見受けられます。

本来、お母様とお嬢様の雛人形が二つ並べられれば一番良いのですが、昨今の住宅事情では、なかなかそうもいきません。

お母さまの雛人形をお嬢様に引き継ぐなら、例えば官女さまを新しく足して引き継ぐとか、小さい立雛などを足して一緒にお飾りするなどの方法でも宜しいかと思います。

雛人形スクール
お客様の声
真多呂人形会館ショールームご優待クーポン券
公式ネットショップ特典
ネット会員登録・ログイン

商品一覧

雛人形

五月人形

浮世人形

人形キット

ご利用案内

各種サービス・保証

お買い物について

コンテンツ

真多呂人形について

木目込み人形について

鎧兜について

人形を知る・楽しむ

その他

インフォメーション

メールマガジン
人形キットの作り方
真多呂人形 フォトギャラリー
雛人形
五月人形
浮世人形
スマートフォンサイト
適正表示宣言店
節句人形アドバイザー
初音ミク雛
閉じる

商品一覧

雛人形

五月人形

浮世人形

人形キット

ご利用案内

各種サービス・保証

お買い物について

コンテンツ

真多呂人形について

木目込み人形について

鎧兜について

人形を知る・楽しむ

その他

インフォメーション