人形豆知識 | ひなまつりの祝い膳|木目込み人形の真多呂人形

リニューアルに伴うご登録済の会員情報の移行について

2018年12月14日、真多呂人形公式ネットショップはリニューアルを実施させていただきました。それに伴い、2018年12月14日以前に会員登録いただいておりましたお客様には、改めて会員の再登録を行っていただく必要がございます。ご面倒をお掛けしまして誠に申し訳ございませんが、何卒宜しくお願い申し上げます。

人形豆知識 | ひなまつりの祝い膳

雛人形豆知識

三月三日は「桃の節句」と呼ばれ、女の子の成長を祝う催しが全国で繰り広げられます。
春先のこの時期はちょうど潮干狩りの始まる季節にあたるので、採れたての蛤を使った椀ものやちらし寿司がご馳走。若くやわらかなヨモギを摘んで草餅を作るもの古くからの習慣です。祝いごとだからとお赤飯を炊くところも多いことでしょう。

ここでは、代表的な雛祭りの食材をご紹介いたします。

雛祭りの食材<1> 【蛤(はまぐり)】

蛤(はまぐり)

だじゃれのようですが、栗に形が似ていることから、「浜辺の栗」→「はまぐり」と名づけられた、という説があります。

蛤は他の貝とは絶対に合わないことから、一夫一婦の願いを込め、お祝いの膳にお吸い物として添えられます。

元々九州や沖縄などの地方で3月3日に潮干狩りなどをして楽しむ風習があり、そこから蛤を食べるようになったという説も。

本来は、1つの貝に身を2つ入れるのがしきたりです。

雛祭りの食材<2> 【菱餅(ひしもち)】

菱餅(ひしもち)

雛祭りの菱餅は、色ごとにそれぞれの意味があります。

  • …「蓬(よもぎ)」で健康を表す。
  • …「桃」で魔除けを表す。
  • …「菱」で子孫繁栄、「雪」で清浄を表す。

菱餅の順番は、特に決まりはありません。
一般的には上から赤・白・緑の順で、「雪の下に新芽が芽吹き、上には桃の花が咲いている」という景色を表すと言われています。

【緑のお餅】
節句には邪気祓いとして、その季節に生き生きしている旬の植物を食し、その力を自分の身体に取り入れる風習がありました。雛祭りに当たる上巳の節句では、母子草(ハハコグサ)の入ったお餅を食べる風習が中国にありました。

しかしこれが日本に伝わった際、「母と子を餅にする」と連想されてあまり良く思われなかったようで、母子草の代わりに、この季節の植物であり、魔除けの力があるとされた「よもぎ」が用いられるようになります。

【白のお餅】
菱は繁殖力が強いので子孫繁栄を連想させ、白い餅には菱の実が入れられるようになりました。一説ではお餅の形も、菱にちなんで菱形になっていきました。(形については、大地をかたどったものである、女性を象徴したものである等々、諸説定まっていません)

【赤のお餅】
赤は桃の花の色にも通じ、また魔よけの色として信じられていました。菱餅は緑のお餅と白のお餅を重ねた二色でしたが、明治時代になると赤のお餅が加わり、現代のような三色のお餅になります。

また、変わった由来では、インド仏典の説話が起源との説があります。

何度も洪水が起こる度、川に住む竜の怒りを静めるために女の子をいけにえにしていた町があり、ある年に選ばれた娘の父親が我が子を助ける為に菱の実を差し出しました。
なんでも菱の実は、食べると子どもの味がするとのこと。その菱の実のおかげで、それ以来女の子を犠牲にすることがなくなった、というお話。
この場合、菱餅の赤にはかつて竜の犠牲になった子の血の色と供養の意味もあるそうです。

雛祭りの食材<3> 【白酒】

白酒

中国では、桃が百歳を表す「百歳(ももとせ)」に通じることから、桃の花を酒にひたした「桃花酒」を三月三日に飲む習慣がありました。

この風習が日本にも伝わり、江戸時代になると、あまり一般的ではない桃花酒の代わりに「白酒」が定着しました。

雛祭りの食材<4> 【雛あられ】

雛あられ

その昔、雛人形を外に連れて行き春の景色を見せてあげる風習があり、その時に持って行った携帯食料が雛あられといわれています。菱餅を外で食べるために砕いて作ったという説もあります。

雛あられの三色も、菱餅と同様に、下記の意味を表しています。

  • 緑…「蓬(よもぎ)」で健康を表す。
  • 赤…「桃」で魔除けを表す。
  • 白…「菱」で子孫繁栄、「雪」で清浄を表す。

雛祭りの食材<5> 【ちらし寿司】

雛祭りの食材 ちらし寿司

ちらし寿司には、雛祭りのいわれは特にありません。
エビ(長生き)やレンコン(見通しがきく)などの縁起良い食材が用いられており祝いの席に相応しく、卵や三つ葉などの華やかな彩りがいかにも春らしく桃の節句にふさわしい為、雛祭りの定番メニューになったと言われています。

雛祭りの祝い膳 京都・名家の風習

和歌で有名な京都の名家・冷泉家では、人形を片付ける前日に雛道具を使ってお人形にごちそうをあげ、子供達もその前で同じ物を食べる習わしがあります。

ごちそうは、焼いた干魚・千切り大根の味噌汁・大根なます・煮物(焼豆腐とクワイとかまぼこ)・うるち米のみで炊いたお赤飯の5品です。

雛人形スクール
お客様の声
真多呂人形会館ショールームご優待クーポン券
公式ネットショップ特典
ネット会員登録・ログイン

商品一覧

雛人形

五月人形

浮世人形

人形キット

ご利用案内

各種サービス・保証

お買い物について

コンテンツ

真多呂人形について

木目込み人形について

鎧兜について

人形を知る・楽しむ

その他

インフォメーション

メールマガジン
人形キットの作り方
真多呂人形 フォトギャラリー
雛人形
五月人形
浮世人形
スマートフォンサイト
適正表示宣言店
節句人形アドバイザー
初音ミク雛
閉じる

商品一覧

雛人形

五月人形

浮世人形

人形キット

ご利用案内

各種サービス・保証

お買い物について

コンテンツ

真多呂人形について

木目込み人形について

鎧兜について

人形を知る・楽しむ

その他

インフォメーション