五月人形を買う時は、アフターケアをチェック!

20110420_01.jpg

五月人形は、お子様の楽しい節句行事を毎年彩り、家族の思い出となる大切なお人形です。

五月人形を購入する場所は、大まかに言うと「人形メーカー直営の販売店」「一般の人形販売店」「百貨店」の3つに絞られます。
どこで購入するにしても、購入時は、「アフターケア」「保証」の有無はきちんと確認しましょう。

五月人形は、長く飾るものです。長く飾るうちに、収納状態や使用状態により、問題が出てきてしまう事があります。
お人形にキズやシミ、虫食いが出来てしまった…お子様が遊んでいるうちに、お道具が壊れて無くなってしまった…等など。


“五月人形を買う時は、アフターケアをチェック!” の続きを読む

五月人形へのお客様の声(3)

真多呂人形の五月人形をお求めいただいたお客様のお手紙をご紹介いたします!

女性 32歳

五月人形へのお客様の声

息子の初節句にと、「金太郎」を探していましたが、思い描いていた金太郎は真多呂人形さんにしかありませんでした。真多呂人形さんのものは、私たち夫婦が描いていた金太郎そのものでした。息子も”金太郎”と言うと、指を指して喜んでいます。

ネットで注文したので、現物を見ることが出来ず、少し不安もありましたが、メールでのやりとりもスムーズでしたし、日時指定などにもきちんと対応して頂き、大変ありがたかったです。現物は、思ったより少し小さい気はしましたが、我が家にはぴったりな家宝です。

今後も末永くお付き合いを宜しくお願いいたします。


“五月人形へのお客様の声(3)” の続きを読む

五月人形へのお客様の声(2)

真多呂人形の五月人形をお求めいただいたお客様のお手紙をご紹介いたします!

男性 37歳

五月人形へのお客様の声

長男の初節句のために真多呂人形を購入しました。

五月人形といえば、兜人形が多く、可愛いタイプの人形は、なかなか見つからなかったので、真多呂人形を見たときは嬉しかったです。
大きさといい、お人形の表情といい、我が家で探していた通りでした。

また、修理や紛失の際の補充など、メンテナンスもしていただけるとのことで安心でした。ありがとうございました。


“五月人形へのお客様の声(2)” の続きを読む

五月人形へのお客様の声(1)

真多呂人形の五月人形をお求めいただいたお客様のお手紙をご紹介いたします!

女性

五月人形へのお客様の声

息子の次男の孫に真多呂人形の武者人形を購入しました。

長男の孫の時には近くに住んでいたので、一緒に兜を見に行き、購入しましたが、今回は息子が転勤しており、一緒に行けなくなりましたので、二人目だから人形が欲しいということでインターネットで色々探しました。

その中で、真多呂人形の金太郎の顔がとても可愛くて、これが欲しいと言うので購入しました。

コンパクトで出し入れも簡単で、娘も大変喜んでいます。私も可愛くてとても気に入りました。真多呂人形にして良かったと思います。


“五月人形へのお客様の声(1)” の続きを読む

鎧兜 源氏八領の伝説

20110416_01.jpg

保元物語や平治物語には、源氏に代々伝えられた「8つの鎧」の話が残っています。

「源氏八領(げんじはちりょう)」と呼ばれるこの8つの鎧は、平治の乱で「楯無(たてなし)」という鎧1つを残して全て失われ、伝説上の存在となりました。
(※領=鎧の単位。1領、2領…と数える。)

真多呂人形では、八領全てではありませんが、一部を甲冑師・加藤一冑が再現した五月人形の鎧も取り扱っております。

本日は、この伝説の源氏八領をご紹介いたします。


“鎧兜 源氏八領の伝説” の続きを読む

マンションにもオススメ!コンパクトな五月人形「剛」

20110414_01.jpg

昨今人気を集めているのが、コンパクトなケース入りの五月人形です。

ケース入りはコンパクトにスッキリ飾れるだけではなく、ホコリや毛等から五月人形を守るので、インテリアとして五月人形を飾りたい方や、ペットを飼っている方にも最適です。

本日ご紹介するのは、間口・奥行・高さが全て30cm以下というコンパクトサイズの五月人形「剛(ケース付)」です。


“マンションにもオススメ!コンパクトな五月人形「剛」” の続きを読む

あっぱれ鬼退治、桃から生まれた「桃太郎」!

20110413_01.jpg

桃太郎(ケース付)

桃から生まれておじいさんおばあさんに育てられ、きび団子をもらい、犬猿雉をお共に鬼が島へ鬼退治…。
ご存知、「桃太郎」の武者人形です。

鬼が島の鬼に勝利し、たくさんの金銀財宝を手に入れて、郷里で末永く幸せに暮らしたという桃太郎の昔話は、その勇ましさやサクセスストーリーが古くから好まれ、五月人形の題材として愛されてきました。

真多呂人形の桃太郎は、日本一ののぼりをかかげ、鬼を退治した瞬間を再現しています。
扇を広げた堂々たる姿は、あっぱれそのもの。


“あっぱれ鬼退治、桃から生まれた「桃太郎」!” の続きを読む

端午の節句の定番、元気いっぱいの「金太郎」!

20110412_01.jpg

端午の節句の定番と言えば、金太郎

まさかりを担いだ金太郎人形は、いつの世も愛される様式です。

金太郎のモデルとなったのは、「朝家の守護」と呼ばれた名将・源頼光の家来であり、頼光四天王の一人に名を連ねた、坂田金時(さかたのきんとき)です。

坂田金時は幼名を「金太郎」と言い、歌にあるように、足柄山で熊やけもの達と相撲をとる程、元気で力のある子だったと伝えられています。


“端午の節句の定番、元気いっぱいの「金太郎」!” の続きを読む

威(おどし)の種類

威

鎧兜を探していると、「〜威(おどし)兜飾り」等、名前に「威」という単語が入っているものがよくありますよね。

普段は使わない単語ですので、威と聞いてもあまりピンとこない方が多いのではないでしょうか。

威とは、鎧兜の小札(こざね)板を、革や糸などの緒で上下に結び合わせることです。
糸を用いたものは「糸威(いとおどし)」、鹿革を用いたものは「革威(かわおどし)」と呼ばれます。
※画像は革威です。クリックで拡大します。

威には、当時の武将がファッションセンスを競っていたことを思わせる、実に様々な模様があります。

本日は、五月人形の鎧兜でよく見かける、代表的な威をご紹介いたします。


“威(おどし)の種類” の続きを読む