真多呂人形の新作雛人形 『花園雛セット』

20101219_01.jpg

花園のような可憐な衣裳の親王飾り

衣裳に華やかな模様と色とりどりの重ねを施した、花園のような親王飾り、その名も花園雛です。

男雛の衣裳は薄い青紫色、女雛は優しいピンク色と、柔らかいパステルカラーで統一しました。

優しく明るい正絹の衣裳が、男雛と女雛の穏やかな表情にマッチして、とても可憐な印象を醸し出しています。

“真多呂人形の新作雛人形 『花園雛セット』” の続きを読む

真多呂人形の新作雛人形 『高雄雛セット』

20101215_01.jpg

シンプルで伝統的な親王飾り

格調高い親王飾りを、高級感のある脚付黒塗台に配した、王道スタイルの親王飾り『高雄雛です。

細かい部分まで造り込まれた、たっぷりとした衣裳の木目込みは、360度どこから見ても納得の仕上がりです。

男雛の衣装は紫を基調とした桜柄で、落ち着いていながら、とてもきらびやか。

“真多呂人形の新作雛人形 『高雄雛セット』” の続きを読む

雛人形の道具 貝合わせの貝

20101214_01.jpg

雛人形のセットに付いている貝桶は、貝合わせの貝を入れるお道具です。
今回は、この「貝合わせ」と、それに用いられる「蛤(ハマグリ)」についてご紹介いたします。

貝合わせとは、平安時代の遊びです。
貝の内側に対になるように絵を描き、同じ絵柄をあわせるゲームです。

貝合わせの貝に用いられているのが蛤です。
蛤は、元々対であった貝以外とは絶対に合わないことから、夫婦和合や貞節の象徴とされていました。

“雛人形の道具 貝合わせの貝” の続きを読む

五楽人・七楽人の並べ方と持ち物

本日は、五楽人・七楽人の並べ方と、お道具の持たせ方をご紹介いたします。
五人囃子が能楽なのに対し、五楽人・七楽人は雅楽を奏でています。

五楽人・七楽人の並べ方

五楽人

五楽人の場合、向かって左から、「横笛(よこぶえ)」「縦笛(たてぶえ)」「火焔太鼓(かえんだいこ)」「笙(しょう)」「羯鼓(かっこ)」の順に並べます。

写真の五楽人は、「瑞花雛11人飾り」の五楽人です。


“五楽人・七楽人の並べ方と持ち物” の続きを読む

真多呂人形の新作雛人形 『清香雛セット』

20101212_01.jpg

モダンと伝統が融合した格調高い親王飾り

間口60センチ以下でコンパクトながらも、インパクト抜群の親王飾り『清香雛です。

丸みを帯びた優しそうなお顔の男雛と女雛が、なんとも上品。
柔らかい色合いの上質な正絹の衣裳を着て、落ち着いた表情で微笑んでいます。

優しい親王飾りとは対称的に、あえて黒塗りの台と屏風をセッティングする事で、おだやかな二人を更に引き立てています。

“真多呂人形の新作雛人形 『清香雛セット』” の続きを読む