即位の礼雛

即位の礼雛1991年(平成3年)

即位の礼とは、皇位を継承したことを公示する儀式で、皇室最高の儀式と呼ばれています。

今上天皇は、昭和天皇崩御と同時に即位されていましたが、1年間の喪が明けた平成2年11月12日、即位の礼が執り行われました。

平成は1989年1月8日から始まりました。
平成になってから、ゆとり教育、戦争、テロ、少子高齢化、ニート、格差社会、パラサイトシングル…さまざまな問題が出てきました。

21世紀は平和の世紀に、と言っていた矢先の2001年のアメリカ同時多発テロからアフガニスタンへの報復戦争、イラク戦争…21世紀は戦争から始まってしまいました。

今も暗いニュースが連日報道されています。
平成は、『史記』より「内平外成(内平かに外成る)」、『書経』より「地平天成(地平かに天成る)」がその名の由来となっています。

真多呂人形では、その前年にあった出来事を表す変わり雛を製作し、お正月に一般公開しています。
今年もあと2ヶ月とちょっと、今年を表す雛はどのようなものになるのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です