初節句のマナー 〜 お招きする側

初節句のマナー 〜 お招きする側

「初節句」は、生後はじめて迎える節句のことです。
お祝いの席をもうけ、親戚やお世話になった方をご招待して、感謝の気持ちをあらわしましょう。

本日は、初節句のおもてなし側(お子様のご両親側)のマナーをご紹介いたします。


雛人形を用意する

雛人形購入アンケート

雛人形は母方の実家から贈るのが慣わしとなっていますが、両家で話し合って分担するケースも増えています。節句の1ヶ月前には届くようにしましょう。
住宅事情がありますので、事前にお子様のご両親に相談することをおすすめします。

ちなみに、真多呂人形で2007年にアンケートを実施してみたところ、図のような結果でした(画像クリックで拡大します)。


  • 母方の父: 35.5%
  • 母方の母: 31.5%
  • 自分たち: 4.6%
  • 父方の父: 4.6%
  • 父方の母: 3.6%
  • そのほか: 7.1%

《調査概要》
■調査日: 2007年1月17日
■調査方法: インターネット調査
■調査対象: 全国18歳以上の方で0歳のご自身のお子様と同居されている男女
■サンプル数: 300世帯

やはり現在でも 合せて67%と母方が多い様です。
「その他」の回答では、自分たちと祖父と折半等のご意見も多く見られました。
初節句のお人形をお求めになる時のご参考にして下さい。

初節句の席を設ける

親戚や、お祝いを頂いた方を節句祝いの会食に招いて、おもてなしをします。

初節句の席には誰を招待すればいい?

  • 祖父母
  • 親戚
  • 名付け親や仲人
  • 初節句祝い・出産祝いをお送りくださった方

初節句の席で祝い膳のお料理は?

蛤のお吸物、ちらし寿司等が一般的です。
ひな人形には、ひなあられ、菱餅、白酒をお供えしましょう。

初節句のお祝い返し

お祝いの席にご出席いただいた方には、おもてなしがお返しとなるので、お返しの品は不要です。

ご出席できなかった方には、節句から一週間以内にお返しするのが礼儀とされています。
のしは「内祝」と表書きし、お子様のお名前でお返ししましょう。水引は紅白の蝶結びです。

お返しの品はお菓子や紅白砂糖が定番ですが、お菓子屋さんに相談してみるのも良いでしょう。

初節句のマナー 関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です