五月人形の賢い買い方、選びかた(1)

20100329_06.jpg

五月人形と一口にいっても、多種多様のお人形があり、目を通すだけでも大変です。
今回は、五月人形選びのポイントをご案内いたします。

五月人形の購入時期

初節句の場合、3月下旬から4月の初旬にかけて購入するようにしましょう。
3月3日の雛祭りが終わると、町では一斉に五月人形がディスプレイされますから、直接見比べて吟味する事ができます。

また、人気のある五月人形は、売り切れてしまう可能性があります。
あまりギリギリまで購入を伸ばすと、売り切れのため選択肢がなくなってしまうので、余裕を持って五月人形選びをしましょう。


まずは予算を決めてから

五月人形の選び方で、まず目安となるのが予算です。
五月人形と一口に言っても、たくさんのお人形がありますので、あらかじめ予算を決めておくと、選びやすくなります。

ご実家等と共同で購入予定の場合は、予算だけではなく、住宅事情含めて、事前によく話し合っておくと良いでしょう。
予算・サイズ等、選ぶ基準を決めておくだけで、だいぶ選びやすくなりますよ。

ちなみに、五月人形であれば、鎧飾りで15万〜30万円、兜飾りで10万〜20万円、武者飾りで10万〜15万円が、だいたいの目安となります。

真多呂人形では、ご予算別に五月人形の一覧をご用意しておりますので、ぜひお役立てください。

五月人形と端午の節句 関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です