紅白歌合戦雛

1951年(昭和26年)紅白歌合戦雛

こんにちは!今日は紅白歌合戦雛を紹介します。
みなさん、去年の紅白歌合戦はご覧になったでしょうか。

紅白は58回の歴史がありますが、最初はラジオ放送でした。

最初から大晦日に放送されたのではなく、1月3日に放送されていたんですよ。
大晦日に放送されるのは、第4回からのことです。

最初から、今と同じように、白組司会、赤組司会、総合司会が設けられていました。
男女、白組赤組に分かれて対抗するという図も当初からのものでした。
第1回は白組が優勝したそうです。

赤は情熱的でエネルギーを感じる色、生命力などを表します。
白は純真で潔白、平和、誠実なイメージを表します。

なぜ、最初の紅白歌合戦で男性が白組、女性が赤組になったかは謎ですが、平安時代の貴族の衣装を見てみると、男性は白い衣装が、女性は赤い衣装が多いのでその辺りからイメージがついているのかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です