雛人形選びは節句人形アドバイザーに相談!

20110131_01.jpg

普段滅多に選ぶ機会のない雛人形だから、どうやって選べばよいのか、良い雛人形とはどんなものなのか…と、いろいろ迷われる事でしょう。

そんな時は、(社)日本人形協会認定「節句人形アドバイザー」に、ぜひご相談ください!
節句人形販売のプロが、様々なご要望に合わせて最適なお人形選びを提案します。


節句人形アドバイザーとは?

節句人形アドバイザーは、(社)日本人形協会の行う試験に合格し、認定を受けた節句人形販売のプロです。

節句人形アドバイザーの試験では、制作工程や技術、歴史的背景まで、節句行事及び節句人形に関する幅広い知識が問われます。
また、節句人形アドバイザーの資格を得るには、試験合格だけではなく、下記の条件をクリアする必要があります。

“雛人形選びは節句人形アドバイザーに相談!” の続きを読む

雛人形のいろいろ

20110129_01.jpg

長い歴史を持ち、人形から変化した雛人形にはたくさんの種類があります。
いくつかの代表的なものを紹介しましょう。


紙雛(かみびな)

明治の中頃まで、一般家庭の雛祭りには必ず登場していた紙製の人形。当時は白い紙を用いていましたが、現在では、千代紙や色紙を使った愛らしいものがあります。

土雛(つちびな)

土をこねて作った雛人形の原型。東京付近では明治の終わり頃まで、段飾りができるように揃って作られていました。

“雛人形のいろいろ” の続きを読む

雛人形コラム 桃の節句を祝う雛人形(3)

現代の雛人形スタイル

20110128_01.jpg

今ではどこの家でも、女の子が誕生すると初節句のお祝いに雛人形を揃えるようです。
そのため、お正月も過ぎると、デパートや専門店にはいっせいに雛人形が飾られ、誰もがその美しい人形を観賞することができます。

もっともオーソドックスなスタイルは、緋毛氈の段飾りに親王雛、三人官女、五人囃子、随身、仕丁が並ぶ「十五人飾り」です。
この段飾りの前で家族や親類、友人が集まってお祝いのご馳走を食べるのはいかにも「桃の節句」らしい華やぎがありますが、最近では住宅事情を考えるとこのような祝い方は少なくなりました。
段飾りは大きすぎると言うことで、コンパクトなスタイルに人気が集まっています。

ひとつは人形そのものをぐっと小さくして十五人飾りをガラスのケースにまとめたケース雛。床の間や家具の上における手軽さや、ミニ雛の愛らしさが人気です。


“雛人形コラム 桃の節句を祝う雛人形(3)” の続きを読む

雛人形コラム 桃の節句を祝う雛人形(2)

雛人形の起源と歴史

20110127_01.jpg

雛祭りには千年以上もの古い歴史があります。
その起源は平安時代の初め頃、子供の無病息災を願ってお祓いする行事として誕生しました。

当時は木で作った人形を川に流したということで、その風習がいまでも流し雛としていくつかの地方に残っています。

この節句の行事が三月三日になったのは室町時代のこと。
さらに今日のように雛人形を飾り、女性の祭りごととして確立したのは江戸時代になってから。
宮廷の女性たちの間で盛大にとり行われたそうです。


“雛人形コラム 桃の節句を祝う雛人形(2)” の続きを読む

雛人形コラム 桃の節句を祝う雛人形(1)

雛祭りの楽しみ

20110126_01.jpg

三月三日は「桃の節句」と呼ばれ、女の子の成長を祝う催しが全国で繰り広げられます。

現在では、女の子が誕生すると初めての節句に雛人形を贈るのが一般的な習わしで、人形を飾り、桃の花を中心にした春の花を活け、白酒や菱餅をお供えします。

春先のこの時期はちょうど潮干狩りの始まる季節にあたるので、採れたての蛤を使った椀ものやちらし寿司がご馳走。

若くやわらかなヨモギを摘んで草餅を作るもの古くからの習慣です。
祝いごとだからとお赤飯を炊くところも多いことでしょう。


“雛人形コラム 桃の節句を祝う雛人形(1)” の続きを読む

真多呂人形・雛人形へのこだわりと作者紹介

20110125_01.jpg

毎年、一月中旬になると、デパート等の人形売り場では、いっせいに雛人形の飾り付けが行われます。
平安時代ののどかで優美な人形たちが所狭しと飾られる様はなんとも美しく、買い物客の足を止めさせます。

人形売り場で真多呂人形をお見掛けの際は、ぜひ細かいところまでご覧になってみてくださいね。

さて本日は、真多呂人形の雛人形のこだわりと作者をご紹介いたします。


“真多呂人形・雛人形へのこだわりと作者紹介” の続きを読む

真多呂人形の雛人形を直接ご覧になる方法

20110124_01.jpg

「真多呂人形の雛人形を直接見たい!」
とお考えの方に、ショールームと全国取り扱い店舗をご紹介いたします!

また、真多呂人形直営のインターネット販売サイトでは、雛人形の大きな写真や顔アップ等がご覧いただけます。
更に雛人形カタログを全国どこでも無料で送付いたしておりますので、お気軽にお申し込みください。


“真多呂人形の雛人形を直接ご覧になる方法” の続きを読む

雛人形へのお客様の声(7)

真多呂人形の雛人形をお求めいただいたお客様のお手紙をご紹介いたします!


祖母が以前、真多呂人形の人形教室に通っていたので、子供の頃から真多呂人形は知っておりました。今回娘の初節句の為 いろいろと雛人形を検討してみましたが、やはり、昔からずっと変わらない真多呂人形のお顔の品の良さに惹かれ、真多呂人形の親王飾りに決めました。お人形が壊れた時は修理ができるとの説明があり、安心しております。


上野の真多呂人形会館に、妻が一人で2度も下見に伺い、娘夫婦を連れ3度目に伺った時に購入を決めました。毎回 店員の方たちが親切に対応して下さり、こちらも初孫のお雛様を納得して選ぶことができました。

“雛人形へのお客様の声(7)” の続きを読む

雛人形を「見る目」のお話

20110122_01.jpg

雛人形選びは、普段行う事がないだけに、最初はとても苦労するものですよね。

ご予算を決めたりサイズを測る事は勿論大切ですが、ぜひ、なるべくたくさんの雛人形をご覧になってから決める事をオススメします。

数多くの雛人形を見る事はなかなか難しいでしょうが、たくさんの雛人形を見比べているうちに、

“雛人形を「見る目」のお話” の続きを読む

雛人形へのお客様の声(6)

真多呂人形の雛人形をお求めいただいたお客様のお手紙をご紹介いたします!


孫に、少しでも良いひな人形を買ってあげたいとデパートや人形店をまわり、カタログもたくさん集めましたが、ふっくらとした優しいお顔と気品のある衣装の真多呂人形に惹かれ、真多呂人形会館で購入させていただきました。

初めに気に入った親王さまとお花は違うセットでしたが、お店の方から人形会館では特別にセットの組替えができるとのご説明があり屏風とお花を組替えていただきました。おかげ様でイメージどおりのひな人形を孫に買うことができました。

いまから早く孫が大きくなり、自分のおひな様が分かるようにならないかと楽しみにしております。

“雛人形へのお客様の声(6)” の続きを読む