真多呂人形の新作雛人形 『春華雛セット』

20101229.jpg

春らんまんのコンパクトな親王飾り

まるで春らんまん、飾れば一足先に花盛りの季節が到来したかのような親王飾り『春華雛』です。

男雛の衣裳はパステルカラーの黄色が中心で、淡い緑の袖色と合わさって、新緑を連想させます。
また、銀色の糸を織り込むことで上品な輝きをプラス。

女雛は春の花の代名詞、桜や桃の花をあしらった艶やかな衣裳です。
春らしい色をテーマとした衣裳のグラデーションが、何ともうららかな雰囲気。

“真多呂人形の新作雛人形 『春華雛セット』” の続きを読む

収納式・ケース入りの雛人形

収納式の雛人形

20101228_01.jpg

近年では、飾り場所や収納スペースをとらず、出し入れも簡単な収納式の雛人形の人気が高まっています。

飾り台がそのまま収納箱になり、セッティングも収納も簡単なのが特徴です。

「お雛さまの出し入れが面倒…」
「飾る場所、しまう場所が無い…」
とお考えの方に、オススメです。

写真の雛人形は「桜花立雛セット」です。


“収納式・ケース入りの雛人形” の続きを読む

真多呂人形の新作雛人形 『弥生雛セット』

20101226_01.jpg

ボリュームのある男雛と女雛

あどけないお顔、微笑んでいるかのような目元・口元…、実に幸せそうな表情をした、見る人まで笑顔にする親王飾り『弥生雛です。

優しい色合いに花柄の映える華やかな衣装を着て、さり気なく花柄の入った親王台に座っている男雛と女雛。
二人の衣裳には金の糸を使用しているため、繊細で美しく、高級感と存在感を高めています。

“真多呂人形の新作雛人形 『弥生雛セット』” の続きを読む

菱餅の由来

20101225_01.jpg

雛祭りと言えば、雛人形に雪洞、あられ、桃の花、そして菱餅…
という事で、雛人形には「菱餅(ひしもち)」がセットになっている事が多いですね。

菱餅と言えば紅・白・緑の菱形のお餅ですが、この色形には、どんな意味や由来があるのでしょうか。

本日は菱餅についてご紹介いたします。


“菱餅の由来” の続きを読む

伝統的工芸品マークの付いている雛人形

20101223_01.jpg

お気づきでしょうか?
雛人形のページにある一番最初の写真に、「伝●」と描かれたマークが入っているものがあることを。

これは、伝統的工芸品を示すマークです。
日本古来の歴史と風土に育まれ受け継がれてきた生活用品の中でも、経済産業省制定の伝産法の規定を満たしたものが、伝統的工芸品として認定されます。


“伝統的工芸品マークの付いている雛人形” の続きを読む

真多呂人形の新作雛人形 『永鳳雛セット』

20101222_01.jpg

ボリュームのある男雛と女雛

シンプルだからこそ雛人形が引き立つ、いつまでも飽きがこない王道スタイルの親王飾りが、今回ご紹介する永鳳雛です。

ボリュームのある男雛と女雛の存在感が、見る人を目を捉えてやまない、気品ある仕上がり。

女雛の衣裳は新緑を思わせる黄緑色の唐衣と、春らしいピンク色。
たっぷりとした袖口のグラデーションも美しく、たおやかな印象を織りなしています。

“真多呂人形の新作雛人形 『永鳳雛セット』” の続きを読む