木目込み人形『藤娘』

だんだん寒くなってきましたね。
今年ももう11月の半ばまできました。

寒いのであまり外を散歩することもないかもしれませんが、11月ごろから咲き始める花もあります。

菊です。
菊は中国から日本に伝えられました。
天皇家の紋章となっており、日本にとっては特別な花です。

この時期は各地で菊の品評会が行われています。
「春蘭秋菊倶に廃す可からず」(どちらもすぐれており両者とも捨てがたい)ということわざがある位、美しい花として認識されています。

今日は花の精の人形、藤娘の話です。

“木目込み人形『藤娘』” の続きを読む

木目込み人形『鼓』

太鼓の音は人間の心音に似ています。

心臓の鼓動に太鼓の鼓動がシンクロすることによって自らを鼓舞する性質があるそうです。

戦国時代でも、兵隊の統率をとるためや、士気を上げるために太鼓が使われていました。

太鼓にもさまざまな種類があります。

この鼓人形が持っている小鼓は、能楽や長唄などに使われる和太鼓の一種。
左手で調緒を握って右肩にのせ、右手で鼓面を打ちます。
調べ緒の握り方や打ち方で色々な奏法があります。

人形が着ている衣装は腰巻といいます。
腰巻は、室町時代の末以後から出てきたもので、打掛の上を脱ぎ、腰のところで結んで留める着方をします。

“木目込み人形『鼓』” の続きを読む

木目込み人形『翁』

般若の面をご覧になったことはあるでしょうか。

般若は女性が嫉妬に狂い、怨念になってまでも復讐せずにはいられないという激しい嫉妬のお面です。
女性の憤怒、怨霊、嫉妬、怨嵯、執念が1つの顔に入り混じっています。

目を引ん剥き、口が裂け、眉間に深いシワがより、とても恐ろしい表情をしていますが、どこか悲しそうな印象です。

男性の嫉妬のお面は存在しないらしいです…。
やっぱり嫉妬は女性の方が強いのでしょうか。

このようなお面は能の時に使われます。

能「翁」は、能の中でも別格に扱われる祝言曲。
正月や祝い事の時に演じられます。

“木目込み人形『翁』” の続きを読む

木目込み人形『鼓』

子どもの頃、和太鼓を叩いた経験はありますか?

和太鼓は打楽器のひとつです。
祭、歌舞伎、能、神社や寺院などでの儀式に使われます。

1998年の長野オリンピックでは、和太鼓による2000人の揃い打ち演奏が行われました。

和太鼓のうち手で叩くものを鼓(つづみ)といいます。

今日は鼓人形の紹介です。

子どもが鼓を叩いて遊んでいる様子の人形で、衣装は動きやすいように、袿(うちぎ)の上を脱いだ打掛腰巻姿です。

“木目込み人形『鼓』” の続きを読む

木目込み人形『花の宴』

こんにちは!
真多呂人形では、木目込み日本人形・雛人形を原型からひとつひとつ手作りで製作しています。

真多呂人形は、世界文化遺産である京都・上賀茂神社から、唯一の木目込み人形正統継承者としての認定を受けています。

世界遺産も認める美しさをあなたの家にも!
是非「真多呂人形」サイトから、無料カタログをご請求下さい

もう10月ですね、今年は9月23日に秋分の日を迎えました。
秋分とは、昼と夜の長さがほぼ等しく、夏の陽気が去って秋になる時期をさします。
この日からだんだん夜が長くなって行くんですね。
秋の夜長です。

秋のことばには他にもこんなものがあります。

“木目込み人形『花の宴』” の続きを読む

木目込み人形『清苑』

こんにちは。
平安時代のお姫さまは、めったに外出しなかったようです。

清苑はお姫さまの人形です。
真多呂人形を代表する人形で、真多呂人形のメインキャラクターのようなものです。

お姫さまがお庭を散歩している様子を人形にしています。

あまり人形に動きのないのが特徴で、これにより落ち着いた存在感を醸し出しています。

朱色の衣装がとても鮮やかです。

木目込み人形『手まり』

こんにちは。
ついに安倍政権が始まりましたね。

安倍さんは『美しい国へ』という本を執筆しているように、美しい国づくりを目標としています。

今日は久しぶりに美しい日本人形をご紹介します。

真多呂人形では、デッサンをし、原型から衣装の木目込みまで、すべて手作りで人形を作っています。
そのため一体一体の完成度はとても高いものとなっています。

こちらで制作の様子がご覧いただけますので、ぜひ一度、見てみてくださいね。
木目込み人形のできるまで」はこちらから。

“木目込み人形『手まり』” の続きを読む

リニューアル!

真多呂人形販売サイトがリニューアルしました☆

今回のリニューアルでは、能や歌舞伎を題材とした、古今浮世人形がご購入いただけるようになりました。

人形には、能や歌舞伎、昔話に出てくる人形や、平安朝人形、娘人形があります。
すべて原型から手作りしている人形です。

個人でお楽しみいただくだけではなく、新築祝い、開店祝い、長寿祝い、結納など、様々な贈り物にも向いています。

写真でもその品質の良さがお分かり頂けると思いますので、是非一度サイトをご覧ください。

在原業平

在原業平(ありはらのなりひら825年〜880年)は、平安時代初期の歌人で、六歌仙の一人。
容姿端麗でプレイボーイであったそうです。

また、伊勢物語の主人公であるとも言われています。

真多呂人形では、「業平」という人形を作っています。

在原業平が文官の装束を着て烏帽子をかぶり、弓を持っている人形です。
高さが37cmありますので、とても存在感があります。
お顔は雛人形のような顔をしています。

インターネット上では販売していませんので、興味のある方は、『古今浮世人形のパンフレット』をご請求下さい。

“在原業平” の続きを読む

木目込み人形『翁』

こんにちは!
まだ梅雨が明けないみたいで、残念です。

今年は大幅に梅雨明けが遅れるそうです。
例年だと、関東は20日前後に梅雨明けがおとずれるそうなんですが…。

早く夏にならないかな、と思う今日この頃です。

今日はの人形をご紹介いたします。

翁というと、昔ばなしに出てくるようなおじいさんを思い出しますが、人形として作られている翁は、能の演目「翁」を表しています。

天下泰平を願って演じられる、とてもおめでたい能です。

“木目込み人形『翁』” の続きを読む